わたしを空腹にしないほうがいい(改訂版/第11刷)

くどうれいん / BOOKNERD

これは現代版『ことばの食卓』否『手塩にかけたわたしの料理』か?いいえ、彼女は"くどうれいん"。
モリオカが生んだアンファン・テリブルが書き散らしたことばと食物の記録。
はじまりはこうだ。
"わたしを空腹にしないほうがいい。もういい大人なのにお腹がすくとあからさまにむっとして怒り出したり、突然悲しくなってめそめそしたりしてしまう。昼食に訪れたお店が混んでいると友人が『まずい。鬼が来るぞ』とわたしの顔色を窺ってはらはらしているので、鬼じゃない!と叱る。ほら、もうこうしてすでに怒っている。さらに、お腹がすくとわたしのお腹は強い雷のように鳴ってしまう。しかもときどきは人の言葉のような音で。この間は『東急ハンズ』って言ったんですよ、ほんとうです、信じて”

2016年6月の初夏、そして一年後の2017年6月の心象風景。歌人くどうれいんが綴る、食べることと生きることの記録。
(2022年・発行元/BOOKNERD)

ページ数 :
サイズ : 150×105mm
厚さ :1cm

【配送について】
厚さ3cmまでならクリックポスト対応可能。(一筆箋やしおりなど厚みのないグッズも同じ送料でご注文できます)
※他の商品と組み合わせる場合はこの限りではありません。
ネットショップの配送方法・送料について
販売価格 1,000円(税91円)
購入数


Top